器 青葉堂 買い物カゴの中を見る メール トップページへ
リンク サイトマップ
information 青葉堂について オンラインショップ ご注文について うつわについて 青葉堂日記


青葉堂では有田、京都、九谷、瀬戸、美濃ほか産地はさまざまです。
また作家活動をしている方のものや、小さな窯元さんのものもあります。
商品詳細のページに記載してありますので気になる方はご確認ください。
すべて手造りでひとつずつ多少の違いはありますのでご了承下さい。



お使いになる前に
やきものには大きく分けて陶器(土もの)と磁器(石もの)があります。
どちらも、高台がザラザラしていたらサンドペーパーでこすって下さい。
   
 陶器を使う前に
土ものの器は吸水性があり、シミになる場合がございます。
ご使用の前に水につけて下さい。水にひたすことにより、目が詰まりシミになりにくくなります。
しかし性質上、絶対に染みないとは言いきれません。またそれがいい感じの風合いになって
きますので、それも含めて土物の器を楽しんでください。
   
● 陶器を使った後に
洗った後は、ふきんでしっかりと水分をとった後、充分乾燥させて下さい。水分を含んだままにしておくと、カビや臭いの原因になります。
   
 絵付けについて
絵付けには、下絵付けと上絵付けがあります。
素焼きの後に施されるのが下絵付けで、藍色の染付、茶色の鉄絵(錆ともいいます)などが
あります。下絵付けの後、釉薬をかけ本焼成します。そしてそのガラス質の上に施されるの
が上絵付けになり、また焼成されます。下絵付けは剥げてくることはありません。上絵には
赤絵や色絵、金銀彩などがありますが、上絵付けのものは荒いスポンジなどでゴシゴシ擦
ると剥げてくる可能性がありますので、さけて下さい。


うつわの用語 (詳細ページ等で出てくる和食器の用語について簡単に説明します)

・ 写し うつし
古典の文様や形状を現代に模倣して作ったもの
 
・ 織部 おりべ
茶人、古田織部の好みと指導によって焼成させたもの。深い緑の色合いが有名。
 
古伊万里 こいまり
明治以前に作られた伊万里焼、有田焼。多様な形や絵付けがあり、海外にも多く輸出された
 
・ 乾山 けんざん
尾形乾山、1663年生。野々村仁清に師事し、兄の尾形光琳との合作を多く作った。
独特の作風で、書を得意とし詩歌も好み、作品に反映されている。
 
・ 高台 こうだい
器の底につけられた部分のこと。糸底ともいう。
 
・ 呉須 ごす
染付に用いられる藍色の原料となる、コバルトを含んだ鉱物
 
・  さび
茶色に発色した鉄釉の一種。渕に線をひく渕錆など。
 
・ 志野 しの
美濃地方の焼き物で、乳白色の釉薬が厚くかかり、素地の紅赤色がところどころに出、鉄絵などを施している。
 
・ 祥瑞 しょんずい
染付磁器に、緻密にさまざまな文様が描かれている絵柄
 
・ 青磁 せいじ
青緑色を呈する磁器質の焼き物
 
・ 青白磁 せいはくじ
白磁の一種で釉に薄く青みがある磁器質の焼き物
 
・ 染付 そめつけ
素地に呉須で下絵付をし、その上に釉薬をかけて焼成したもの
 
・  だみ
専用の太い濃筆で、呉須でむらなく塗りつぶす技法
 
・ 白磁 はくじ
白い素地に透明釉をかけ高温で焼き上げた硬質磁器
 
 見込 みこみ
器の内側の底の部分
 
・ 焼締 やきしめ
釉薬をかけずに高温で焼いた陶器。素朴な風合いが特徴で、備前焼などが有名。
 
・ 弥七田 やしちだ
織部の一種。薄い緑釉を細い線状にたらし掛けしたものが特徴。
 
・  らく
初代長次郎から始まる京都楽家の陶器。今ではそれと同様に作られたものを楽と総称している。手捏ねで成型し低火度で焼かれる。主に抹茶碗が作られる。